イケメンALS患者さんのゲーマー化作戦

Hits: 993

播磨国北部のイケメンALS患者さんを訪問。
出雲国から200km,以前,この患者さんの訪問看護師さんが出雲国大でのワークショップに参加したことがあり,そこからのご縁です。

(終了)第5回 重度障害者のコミュニケーション支援のためのワークショップ ▽おもちゃの改造&「重度障害者の性」編▽ (2016年10月2日)

イケメン氏はALS患者としては若い40歳。
私の1歳年下です。ほとんど同級生ですね。
同じ時代を生きてきたから,ドラクエ・ファミスタや桃鉄なんかは共通知識。
そう,私たちはゲームネイティブの第一世代!

20161012_01

いきなりですが,今回は以下を試しました。
私,ゲームの行商人状態ですなあ。

DEAD EYE LAND はゾンビを倒すシューティングゲーム。
ゲームジャムイベントの出品作品のようですね。
射撃操作には,スイッチ入力(SPACEキー)が必要です。
せっかくなので,最近多用しているOAK Camをスイッチとして使用しました。
もちろん,照準は視線入力!

その他のゲームはいつもの通り。
EyeMoT 3D Game_00 の風船撃破ゲームはいい働きをしてくれますね。
ぜったいに失敗をさせません。

イケメン氏いわく,ゾンビゲームや風船撃破ゲームは「ストレス解消になる!」。
なるほど,そういう使い方ができるのかあ。
訪問するからこそわかる反応です。
メモメモ。

筋電スイッチの訓練ゲームもなかなかいい感じ。
顔と脇あたりで随意的な筋電がとれることがわかりました。
現在の左足は主力で残して,サブで別の部位を使うといいのでしょうね。
うまく訓練すればさらにスイッチを増やすこともできそうです。

改めてゲームの効能を体験することができました。
どんどん改良していかないと!

1 個のコメント

  • […] 他に参考資料として、実行委員をつとめる島根大学・伊藤史人先生の視線入力装置とゲームを組み合わせる試みや、国立病院機構・八雲病院における、筋ジストロフィーの患者さんがゲ […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。