愛蘭土に懐かしきスパーが!

フランクフルト空港。 – Spherical Image – RICOH THETA


愛蘭土の地に降り立って早3日目。
フランクフルト空港を経由した夜がずいぶん前に感じます。

20161203_01

こちらでの動きにもテンポが出てきました。
先ほど,アライアンスのディナーも無事終了。

さて,2日目の昨日,何人かで市内を散策してきました。
すると,何とも懐かしい「もみの木マークのホットスパー♪」があるではないですか。
それもいくつもある!
愛蘭土のダブリンではスパーがまだまだ現役です。
かつて,岩手大学正門前にもスパーがあって,通称「ガンスパ(岩スパ)」と呼んでいました。
懐かしいわ〜。

20161203_02

開発中のバリアフリーマップもちょくちょくテストしながらの散策です。
すぐにバグ発見!
いかんなあ。。。

そんな落胆もありましたが,ダブリンの街は総じて歴史を感じる町並みで,レンガ作りの建物が美しいです。
USJのハリーポッターの街のようなエリアもあります。
いよいよクリスマスの盛り上がりもすごいようで,メインストリートと思われる一帯にはサンタ関連グッズがたくさん。

20161203_03

ところで,歯科医師の持たされた鋭利なものは無事に持ち込めました。
ただ,預け荷物は一旦開封されていたようなので,もしかしたら怪しまれたのかな。
薬を飲むような痛みが起きることもなく,今のところ問題の奥歯は静かにしてくれています。

あれ?
ボルタレンと思っていた薬は「ジソペイン」。
前回はボルタレンだったのになあ。
まあ,歯科医師を裏切って購入したロキソニンもあるから,痛みに関しては楽観しています。
とにかく,鋭利なもので詰め物を取るのだけは勘弁です。
誰かに頼まないといけないし。

江戸への帰国は,12月10日の午後です。
出雲国への帰国は,12月12日朝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。