僻地盛岡から日本のド中心部へ

冬の朝5時半はまだ真夜中のよう。
深い眠りに落ちているムスメ初号(4歳)と弐号(2歳)。
顔もきちんと確認できないまま江戸に向かう電車に飛び乗りました。
よう,ウ氏お久しぶり。

江戸駅の丸の内出口から研究班会議会場へ直行。
近くには自民党本部や最高裁判所。こりゃド中心ですわ。

朝一からの「進行したALS患者等を含む障害者のコミュニケーション支援機器の開発」研究班の会議が今日の私のお仕事。
スイッチの評価ツールなどについて発表。

午後からはロボットスーツHAL関連の研究班会議を傍聴。
どちらの研究班でも代表者をつとめる中島孝先生はすごい。
無尽蔵の知識かと思うくらい。

夕方からはロボットスーツHALやサイバニックスイッチの公開イベント。
患者当事者もデモします。
楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。