行くぞ!オランダ大使館!

第1回シリアス&アプライドゲームサミット
The 1st Serious and Applied Game Summit

これまたアツいイベントです!

お世話になっている日本大学の古市教授や東京工科大学の岸本教授が立ち上げた「第1回シリアス &アプライドゲームサミット」。
おもしろいことに,オランダ大使館で開催されるようです。

ところで,去年の12月,このイベントに先立ってゲームジャム大会が行われました。

オランダ大使館の職員やさまざまな国の留学生も参加しており,たいへん国際色豊かなイベントでした。
実は,オランダは知る人ぞ知るシリアスゲームの名産地。
国を挙げてシリアスゲームを盛り上げているとのことです。

私は,シリアスゲームという分野を知ったのはごく最近。
2年前の i-CREATe2015でのことでした。

ゲームの持つ可能性を大いに再認識したこの年,これまでの視線入力に関する経験を投入して「視線入力訓練ソフト EyeMoT」に着手。
プログラマの学生も頑張ってくれ,今でも多くのところで使われるものになりました。

去年からは3D版も投入。
これも好評をいただいております。

これらの 視線入力訓練ソフトEyeMoTとEyeMoT 3D が 第1回シリアス&アプライドゲームサミット に登場します。
ちょっとですけどね。

本当は私が直接行くべきだったのですが,あいにくこの日は大学の修士論文発表会になってしまいました。
さすがに欠席するわけにはいきません。
代理の方に行ってもらう予定です。

バリアフリーマッププロジェクトで製作中のWheeLogアプリも展示します。
これは,ボスの織田友理子さんが担当。
あー,やっぱり行きたかったなあ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。