(おあずけ)LOVEじゃなくてFOVE

3日ほど前,LOVE いや FOVE が届きました。
日本人女性の社長が作った視線入力のできるVR装置です。

没入型VRは視線入力にはとても向いています。
接触型になるので,位置ずれがありませんし,外乱光もありません。
FOVE がやらなくても他社もいずれ出していたはずです。
事実,Oculus 近いうちに視線入力対応版が出ます。
Playstation VR も時間の問題でしょう。

視線入力ができれば,より直感的な操作ができます。
RPGで「さがす」「はなす」のコマンドは不要で,ソコを見ればいいのです。
音声入力と組み合わせれば会話も可能でしょう。
人間のキャラクターが目の前にいたとして,そのキャラクターと目線が合ったときにだけ特別なインタラクションを起こすことができます。
バーチャルデートが本当に実現しそうです。

文字入力などのコミュニケーション機能も簡単に実現できるでしょうから,エンタテインメントだけに限りません。

2日ほど開封できずにいましたが,先ほど開封。
Apple っぽい箱にそのモノは入っていました。

装置自体は Occulus Rift と同じくらいの大きさ。

USB2つとHDMIケーブルが太い神経系のようです。
セット一式には,位置補足のためのカメラやコントローラーが入っています。
かなり本格的なVRのようですね。

それにしても,私の顔にはずいぶん小さいような。。。
実際に,Gear VR と比較すると横幅がずいぶん小さいのがわかると思います(右下:手前の黒い装置がGearVR)。

時間切れで開封のみしかできず。。。
数時間後には江戸に出発です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。