新しい相棒はマツダCX-5に決めました(リンク集あり)

Hits: 13973

愛車のプリ氏,平成20年式のプリウス20系10thアニバーサリーエディション(1.5L)。
2017年8月24日の車検を控え,さらには走行距離が14万キロに迫ったことから,いよいよ新しい愛車を探すことになりました。
プリ氏は目立ったトラブルもなく,実によく走ってくれました。
ハイブリッドのすばらしい燃費性能やモーターの高トルクも体感できたので大満足です。

6月中旬から,突貫調査と試乗で誠意検討した2週間。

ちなみに,これまでの愛車は Y31/シーマ(3.0L)→RA1/オデッセイ(2.4L)→RA8/オデッセイ(3.0L)。
どれも燃費に苦しみ,その結果燃費番長のプリウスにした経緯がありました。

そして,これまでの経験と次期相棒への希望条件を踏まえて,いくつかの車種およびグレードを検討。
その結果,選択したのは マツダ CX-5 XD L Package 4WD でした。
現在,納車待ち中(2017年6月末契約)。
うまくいけば,9月中旬には受け取れるとのことです。

この車はマツダSKYACTIV-Dのディーゼルエンジンを積んでいます。
さらに次に乗り換えるのは何年後になるかわかりませんが,少なくともレシプロのみの動力車には乗ることはないと考えています。
テスラの電気自動車も大衆車並になりましたし。
ということで,今回が最後のエンジン動力車。
SKYACTIV-Dには様々な憶測がネットに溢れているものの,トルク自慢のディーゼルエンジンの乗用車は未経験なので,ぜひ一度は所有しておきたいのもありました。

さて,次期相棒の希望条件はざっとこんな感じでした。

  1. できればSUVがいい
    運転がラクそうだし雪道にも強そう!
  2. 2列目座席を倒さずに車いすが載せられること
    毎月載せる機会があるので
  3. プリ氏よりは車内が広く,がんばれば車内泊ができること
    何らかの災害時に対応できるように!
  4. 前車追従クルーズコントロールがあること
    高速利用が多いので絶対に欲しい!
  5. 先進安全自動車として比較的高性能であること
    うっかりした時にきっと助かるはず!
  6. オプションが豊富なこと
    自転車を載せたい!その他,ルーフレール・サンフルーフ・ヒッチメンバー・ など
  7. ハイブリッドもしくはエンジン車でも燃費が比較的よいこと
    カタログ値 18km/L くらいは欲しい!
  8. 現金で買えること
    車のためにローンはイヤ!

これらを高レベルで満たしてくれたのは CX-5 だけだったのです!

当初,プリウス・プリウスPHV・オデッセイ・エクストレイル・フォレスターやハリアーを検討しましたが,いずれも上記条件を満たせず。
ヒッチメンバーは,CX-5でもオプションで選べませんでしたが,社外品でお安く対応できました。
他社SUVで同じくらいの装備をそろえると,ハリアー・エクストレイルやフォレスターはもれなく高額。
必須の主要オプションだけ挙げても,ナビ・ETC・ルーフレール・サンルーフ・マット類・バイザー・マッドガード・コーナーセンサー類・各種安全装備・そして4WD。
車両価格がお安くても,コミコミではお高いものになるのがマツダ車以外でした。

特に,メーカーオプションのナビが異様に価格を引き上げるのです。
その点,マツダコネクトのナビ機能は約5万円!
たとえば,トヨタであれば,ナビとしては圧倒的に高性能ではあるものの40万円近くです。
マツダコネクトのナビ性能には賛否両論がありますが,使用者のヒアリングから普通に使えると判断。
ナビのオプション以外にも,マツダの車は全般的にオプションまわりの価格設定に変な小細工がありません。

なお,CX-5 を選択するうえで参考にした情報源は以下です。
最近見たものも含んでいます。
CX-5 を検討している人に参考になればと思い,備忘録として記しておきました。


公式

定番比較サイト

CX-5まとめ系(ブログ含む)

カーシェア

インプレッションサイト


選んだボディー色は「エターナルブルーマイカ」。
圧倒的な不人気色だそうですが,青が好きだからいいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。