(報告)第9回 重度障害者のコミュニケーション支援のためのワークショップ ▽マイコンでラッチ&タイマーをつくる!▽

By | 2017年8月1日

2017年7月29日(土),「第9回 重度障害者のコミュニケーション支援のためのワークショップ ▽マイコンでラッチ&タイマーをつくる!▽」を開催しました。

この集合写真,坂上校長(中央の紳士)のドローンで撮ったもの。
安定して飛行していましたねえ。

さて,前回のワークショップは福岡県からの参加者が数名ありました。
なんと今回は,鹿児島県からも!
その他,広島県・兵庫県からの参加もあり,たいへんありがたいですね。

工作に入る前に,奈良のガジェットクリエーター杉本さんとスカイプでお話。
奈良でもかなりマニアックな工作会を実施中のようでした。

今回のワークショップは,マイコンを使って「ラッチ&タイマー」を作るというもの。
ただし,時間は大変短いので,ブレッドボードで回路を完成させるまでを目標としました。

部品はこんな感じ。

途中,はんだ付けのトラブルで大変なこともありました。
それでも,10名の参加者全員がブレッドボード上に回路を完成させることができました。
実際の基板に部品を付けるところまではできませんでしたが,ブレッドボード上での動作は完璧。

ただ,各自で部品を持ち帰って,実用できるようにするのはちょっと大変かもしれません。
ケース(タッパ)を含めてすべての部材はそろっているはずですが。。。

単にキットを組み立てるだけであれば簡単なのですが,今回はLEDやリレーの取り付けを体験することもミッションにしていました。
私の説明のマズさもあり,ややわかりにくい点もあったかと思いますが,みなさん何とか理解してくれていたらいいなあ~。

完成するとこんな感じの動作になります。
もう少しリファインして,キットにできればと考えています。

One thought on “(報告)第9回 重度障害者のコミュニケーション支援のためのワークショップ ▽マイコンでラッチ&タイマーをつくる!▽

  1. Pingback: (募集中)第11回 重度障害者のコミュニケーション支援のためのワークショップ▽マイコンでラッチ&タイマーをつくる!2(佐世保場所)▽ | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。