【第一弾】大阪府の迷える支援学校教諭のみなさん、まずはコレを読め!

まずは一読を!

平成31年(令和元年),大阪府の支援学校にどーんとローコスト視線入力環境が導入されました。しかし,現場の教員にとって,それをきちんと使うのは大変だろうと思います。

「視線入力とは何だ?」という方は,国内唯一の関連書籍である『視線でらくらくコミュニケーション』を読みましょう。特に,第一章概論の「座談会」と「視線入力装置入門」は必読!

次に,教育における実践を知りたいと思いますので,第二章の活用事例を拾い読みしてください。ローコスト視線入力装置に関係するものは,②と⑧がわかりやすいでしょう。

⑧の著者である福島勇(教諭)さんはたくさんの実践ビデオをYoutubeチャンネルに掲載しています。百聞は一見にしかず。使っている道具や授業の雰囲気も一緒に確認してみるといいですね。

第二弾では,現場の教諭による実践報告書を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。