【4月25日・松江】重度障害者・児の常識をぶっ壊せ!的なイベントを行います

Hits: 458

新着情報
・イベント内容・講師を追加しました (3月12日)

「常識」を覆した天畠さん

モチベーション

ここ数年,いつも思っていました。重度障害者・児の能力はとても過小評価されている,と。つまり,人は見た目に騙されやすいものなのです。

その過小評価をベースに制度や「常識」が作られています。やはり,そそろそろ間違った評価は解消しなければなりません。

現在の未熟なテクノロジーをきちんと使うだけでも,これまでの「常識」を覆すことはできます。実際にそのような人たちが確かにいます。

テーマ

今回のイベントのテーマは「重度障害者・児の常識をぶっ壊せ!」。

重度障害者・児のうち,まわりの想像をはるかに上回る意思表出・生活改善や社会活動などを行っている人たちに焦点を当てて,その経緯・具体的な手法や心意気を紹介します。

スーパー小学1年生のゆりなさん

ミッション

バイアスのかかった「常識」を見直すきっかけを作り, 重度障害者・児 の生活環境を改善する。

イベント内容

  • 講演(現地+オンライン登壇)
  • パネルディスカッション(現地+オンライン登壇)
  • 相談会(ヘルパー制度利用からICT活用まで)
  • EyeMoTグランプリ 〜プレ大会2〜

なお,会場は島根県松江市の島根大学松江キャンパスを予定しています。

講師

「常識」を超えた 重度障害者・児 。当事者に関する活動で「常識」を壊してきた人々。

当事者本人の登壇が望まれますが,松江ですから。。。適宜,オンライン登壇を織り交ぜて開催します。

現地講師

  • 福島勇(支援学校教諭)
  • 引地晶久(作業療法士)
  • 伊藤史人(大学教員)
  • 中村宏子(寝たきりの重度障害者・独居・CIL松江代表)
  • 梶山紘平(筋ジストロフィー・独居)

オンライン講師

  • 古川結莉奈(先天性ミオパチー・小1)
  • 岡元雅(筋ジストロフィー・新婚!)

EyeMoTグランプリ参加者

  • 10名程度を募集

立候補,お待ちしております!

「常識」を覆して教員になる橋本さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。