【口頭発表】振動とフィードバック

Views: 281

2024年3月2日は、日本教育情報学会特別支援教育AT研究会のため京都ノートルダム女子大学へ。

申し込みは、1番!

だったのですが、肝心の発表日(本日)、体調不良により口頭発表をキャンセルさせてもらいました。

申し訳ありません。

一部のスライドを貼っておきます。

感覚統合や因果関係を意識した支援が必要。
出典:あすなの教育 https://www.asuna-h.co.jp/asuna/rehabili.php?sec=4

最近の先行研究を6つ。

振動フィードバックには、EyeMoTソニックが役立ちます。
市販品はありますが、振動の調整ができなかったり、ミニジャックがなかったり支援機器としては不十分。

EyeMoTシリーズは、5年前から振動フィードバックに対応。

デモ。
バーチャルドラム:https://www.musicca.com/jp/drums
トーンジェネレーター:https://www.szynalski.com/tone-generator/

次回の発表機会では、実験データとともに紹介したいと思います。

【口頭発表】振動とフィードバック” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    様々な大学の人の発表を聞けて楽しかったです
    卒論にしようか迷ってやめた題材を他の人がしているの見てとても嬉しく思い、聞き入ってしまいました
    とてもいい勉強になりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です