深刻な副作用はなかったのでひとまず退院します

Hits: 3743

今日の盛岡は雪でした。
そうそうこの感じ!これが盛岡ですねえ。

昨日,本日の退院が決まりました。
キイトルーダの副作用も特になく,入院での観察は不要になったためのようです。
もし副作用が出た場合,自己免疫疾患になるのでけっこうな病気に直結する恐れがあったのです。
キイトルーダが適用にならなかった場合は通常の抗がん剤になったので,その際は4週間ほどになったかもしれません。

11月16日から9日間の入院期間で,入院カルチャーを少し経験して新参患者としてのスキルが向上しました。
大部屋での振る舞い方から看護師への対応方法,さらにはベッドサイドに置く最小限の道具によるQOL改善まで。
たった9日間ではありましたが,けっこう楽しめました。
奇遇にも病院内の談話室で宮沢賢治の番組が観られたり,おもしろいおじさんと出会ったり,同じ病気の人たちとの他愛もない話ができたり,病院の仕組みがいろいろ垣間見えたりのオトクな9日間。

今後しばらくは外来による点滴で治療を継続します。
併行して,セカンドオピニオン・併用治療や治験への参加を模索していきます。

さて,先日のカミングアウト投稿を読んだ方からは,実に多くのコメント・メール等をいただきました。
日頃「情報を積極的に公開していくことのメリット」を強調していましたからね。
私自身が証明しないでどうするんだということです。
これからも実名にて,できるかぎり客観的にブログで情報公開していきます~!
まあ,中にはあやしい治療方法の提案などもありましたが。。。(^_^;)
(いちおう,私も研究者ですから多少の選球眼はありますよ~)

ほとんどすべてのご意見は,大変参考になる情報になりありがたいものでした。
今回のイベントを機に久しぶりに連絡をくれた方もいました。
<拡散希望>に協力してくれたみなさまに感謝申し上げます。

昨日はさっそく面会があり,実に10年ぶりに会った元少年。
車いす利用者の阿部くん。

どこで私の入院を知ったのか,突然の訪問に驚きではありましたがうれしいですね。
私の宮沢賢治好きを知ってか,復刻版の「春と修羅」を持参。おー,大人になったなあ。
そして,何と彼は,私が以前から勧めていた「銃砲所持」を実現していました。
車いすユーザーのシューター誕生!
今度一緒に花巻の射撃場にでも行こうかと考えています。

夕方には岩手県立大学の小川教授が面会にいらしてくださいました。
さっそく講演会を企画してくださるそうですヽ(´ー`)ノ
前向きな目標ができると毎日に張り合いがでます。
そして何よりも,愛する盛岡で講演ができるのは本当に楽しみですね。

いつの世も,人の生き死には関心の的。
定量的に証明できました!

 

2 件のコメント

  • こんにちは。
    7月に小平特別支援学校主催の「視線入力の可能性」の研究会に参加させていただき、その後もメール等で伊藤先生にご指導を受けた三木です。
    伊藤先生の数々のご活動により、私たちも、そして、ハンディのあるたくさんの方々、子どもたちが、かけがのない可能性に出会うことができています。

    ご回復を心よりお祈りし、私たちも身近な方々、子どもたちと、大切な時間を確実に刻んでいきたいと思います。
    伊藤先生のお話をお聞きできる次の機会を楽しみにしています。
    ご退院後もお大事にされてください。

  • 元気になった伊藤先生にお会いできる日をみんなで待ちましょう。
    一日も早くその日が来ますように!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。