(募集中)マイコンでラッチ&タイマーをつくってみましょう。

By | 2017年6月13日

去年(2016年)の3月からはじめた出雲国スイッチ工房のワークショップ。
これまでに8回開催してきました。

ただいま,第9回を募集中です!
6月13日現在,7名の申し込みがあり,薩摩国養護学校の校長さんも!

ラッチ&タイマーというのは,障害者向け支援機器としてよく使われている道具で,代表的な製品は以下です。

以下,募集サイトから抜粋です。

第9回では定番マイコンのArduinoをつかって、いわゆるラッチ&タイマーをつくります。
参加費には、ラッチ&タイマーの部品一式を含んでいますので、製作した機器はお持ち帰りして、現場で使っていただけます。

なお、ラッチ&タイマーの詳細な仕様は未定ですが、おおむね以下のようなものです。

ラッチ動作
・1回目のスイッチ入力によりONになる
・2回目のスイッチ入力でOFFになる
・以降、上記の繰り返し

タイマー動作
・スイッチ入力によりタイマー動作を開始する
・ボリューム(つまみ)によって、1~60秒・1~60分のタイマー設定となる
・設定時間終了時にスイッチ出力となる

開催概要
日時:2017年7月29日(土)13時30分〜17時00分
場所:島根大学総合理工学部3号館104室ヒューマンインタフェース計測室
対象:重度障害者のコミュニケーション支援に関心のある方
介護スタッフ・コメディカル・支援学校教員・患者家族 など
定員:10名
参加費:実費(5,000円)
持ち物:半田ごてセット(クリーナー・こて台 など)

プログラム
13時30分 みんなで自己紹介
13時45分 ☆スカイプによる特別ゲスト☆
14時00分 マイコン基礎
15時00分 ラッチ&タイマーをつくってみよう!
17時00分 おわり

(参考)これまでのワークショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。