日本賞2017の本審査で一番いい賞を取るための準備③

By | 2017年10月2日


あまり知名度のない日本賞。
とはいえ,せっかくの大きな国際コンテスト。
幸運にもファイナリストに選ばれたので,マイナーな福祉工学分野の宣伝のためにがんばりたいと思っています。
重度障害者 × 視線入力 × 成功体験 がキーワード。


さて,一番懸念しているのは当然ながら英語でのプレゼン。
暗記していかねばなりません。

そして,その直後に行われる「英語での質疑応答15分」。
まずい。。。

そこで,ちびっこの安達佳奈さん(東京外語大→一橋大)に通訳を依頼することとなりました。
現在は,ALS/MNDサポートセンターさくら会のスタッフです(写真右)。

上司の川口有美子さん(写真左)が平日のスタッフ提供にGoしてくれました。
この場を借りて感謝申し上げます。

 

 

関連記事